■基本方針

弊社は、新型コロナウイルス感染の対策を徹底しながら、社会機能維持のために必要な職種であることを自覚し、社会生活に欠かせないインフラをサポートしてまいります。

  • ●人命の最優先

    お客様、取引先、近隣社会、従業員及びそのご家族の人命保護を最優先とします。

  • ●感染防止

    感染防止の対策を整え、防疫資材等を確保し、弊社の社会的責任の観点から、お客様、取引先、近隣社会、委託先も含めた従業者及びそのご家族等への感染防止に努めます。

  • ●業務継続

    法令及び行政の指導等を遵守しつつ、業務継続に必要な体制を構築して業務の継続に努めます。お客様企業から委託を受けている業務は、お客様企業の対応方針や要請事項を尊重し、業務の継続に必要な措置を講じます。

■感染防止の実施

現況を踏まえ、新型コロナウイルス感染防止策として、次の対策を実施しています。

  • ●従業者(社内スタッフ)

    ・ 業務開始前・終了後の検温で、熱が37.5℃以上ある場合は直ぐに帰宅させる。

    ・ 社内外(通勤・移動等)でのマスク着用を徹底。

    ・ 社内外での、うがい・手洗いの徹底。

    ・ 社内入口で、手のアルコール消毒を徹底。

    ・ 社内では加湿器を使用し、適正な湿度を保つ。

    ・ 社内の空気の入替えを行う。

    ・ オフィス間での接触を可能な限り避ける。

    ・ 商談・会議・研修等を、可能な限りWebで行う。

    ・ 喫煙所で、マスクを外した状態での会話を禁止。

    ・ 在宅勤務の可能なスタッフは、在宅勤務を行う。

    ・ ウイルス・感染拡大等の情報収集と通知。

  • ●従業者(訪問スタッフ)

    ・ 業務開始前・終了後の検温で、熱が37.5℃以上ある場合は訪問サポートを延期させる。

    ・ 社内外(電車移動・サポート中等)は、マスク着用を徹底。

    ・ 社内外での、うがい・手洗いの徹底。

    ・ 訪問前に、手のアルコール消毒を徹底。

    ・ 商談・会議・研修等を、可能な限りWebで行う。

    ・ ウイルス・感染拡大等の情報収集と通知。

■政府の要請に対する対応

密閉・密集・密接等を避けるために、お客様企業・取引先との商談・会議・研修は、可能な限りWebで行うことを積極的に提案し推進しています。また社内スタッフの業務において、在宅勤務が可能な業務は、在宅で行っています。

■感染者が発生した場合の対応

感染者が発生した場合は、官公庁の指示に従いながら従業員の安全確保と不安の解消、社内外への感染防止を最優先とし、感染者の隔離・濃厚接触者の特定・出勤停止・消毒等の適切な対応と、関係者への情報開示を速やかに行います。